Web制作ノウハウ

Googleアナリティクスのコンバージョン設定方法|5分で分かる手順説明付き

WRITERおおしろ広報

  • TOP
  • ブログ
  • Googleアナリティクスのコンバージョン設定方法|5分で分かる手順説明付き

SAHRE

こんにちは、ジーピーオンラインのおおしろです!

「Webサイトからの問い合わせを増やしたい」といった目標があるなら、Googleアナリティクスの「コンバージョン」を設定しましょう。コンバージョンを設定して分析することで、Webサイトの改善点が見えてきます。この記事ではGoogleアナリティクスでコンバージョンを設定する方法を解説するので、ご自身でも取り組んでみましょう。

ジーピーオンラインにコンバージョン設定の相談をする

もくじ

  1. Googleアナリティクスのコンバージョンとは?
  2. Googleアナリティクスでコンバージョンを設定する方法
    • ビュー列の「目標」を選択
    • 新しい目標の作成
    • カスタム選択
    • 目標名、到達ページの選択
    • 到達ページURL、目標到達プロセスの入力
  3. コンバージョンの確認方法
  4. コンバージョンの改善方法
  5. まとめ

Googleアナリティクスのコンバージョンとは?

Googleアナリティクスにおける「コンバージョン」とは、Webサイトが目標とする成果が達成されることです。コンバージョンはジャンルによって異なり、例えば以下のようなものが挙げられます。

  • ECサイトにおける商品購入
  • サービスへの問い合わせや資料請求
  • 主催するセミナーへの申し込み
  • メディアサイトにおける1人あたりのPV
  • SNSによる共有

以上のようなゴールをコンバージョンとして設定しておくことで、コンバージョン達成状況やユーザーがどのような経路でコンバージョンしたのかを、Googleアナリティクスで調べることができます。現状と課題の分析ができれば、成果を達成しやすいWebサイトに改善することができるので、Googleアナリティクスのコンバージョン設定はWebサイト運営において非常に重要です。

Googleアナリティクスでコンバージョンを設定する方法

Googleアナリティクスでコンバージョンを設定する方法

Googleアナリティクスでコンバージョンを設定する手順は、以下の5つのステップのとおりです。

  1. ビュー列の「目標」を選択
  2. 新しい目標の作成
  3. カスタム選択
  4. 目標名、到達ページの選択
  5. 到達ページURL、目標到達プロセスの入力

今回は、「ユーザーが問い合わせページに遷移した際をコンバージョンとして計測する場合」を例に、コンバージョンの設定方法を解説していきます。大まかな手順としては、目標のタイプを選んで問い合わせページやそこに至る経路となるページのURLを入力するだけです。
Googleアナリティクスでコンバージョンには以下のような指標を設定できるので、これらを活用して設定をおこないます。今回は問い合わせページの遷移をコンバージョンとするため「到達ページ」を使いますが、他の目標も設定できます。

  • 到達ページ
  • 滞在時間
  • ページビュー数・スクリーンビュー数
  • イベント(動画再生など)

あらかじめ自社サイトの成果を明確にし、どのようなコンバージョンを設定したら良いのかを考えた上で、実際のコンバージョン設定をおこないましょう。

ビュー列の「目標」を選択

管理をクリック

まずGoogleアナリティクスのホーム画面を開いたら、左下の「管理」をクリックします。

「目標」をクリック

上の画像のような画面が表示されたら、左のビュー列から「目標」をクリックしましょう。

新しい目標の作成

新しい目標の作成

上の画像のような表が表示されるので、左上にある「+新しい目標の作成」をクリックします。

カスタム選択

ここから目標の設定をおこないます。

カスタム選択

今回はテンプレートは使わず、カスタムでコンバージョンを設定していきます。Googleアナリティクスの画面を下にスクロールし、「カスタム」のラジオボタンにチェックを入れ、「続行」をクリックします。

目標名、到達ページの選択

次に、目標の説明を入力します。

目標名、到達ページの選択

画像のように、目標の名前を入力し、「到達ページ」のラジオボタンにチェックを入れます。目標の名前は任意です。今回は問い合わせページを「到達ページ」としてコンバージョンを設定するため、「到達ページ」のラジオボタンにチェックを入れました。他のコンバージョンを設定する場合、目標に合った指標を選択してください。
ここまで完了したら、左下の「続行」をクリックします。

到達ページURL、目標到達プロセスの入力

最後に、目標の詳細を入力します。

到達ページURL、目標到達プロセスの入力

上の画像のように、ユーザーに遷移して欲しいページのURLを「到達ページ」の欄に入力します。今回の例では問い合わせページのURLとしました。
次に、到達ページに至る経路を「目標到達プロセス」に指定しましょう。経路を指定することで、コンバージョンに至らなかったユーザーがどこまでは見てくれたのかが分かります。トップページで離脱したのか、記事を読んだものの問い合わせはせずに離脱したのかなどの分析に役立ちます。

「目標到達プロセス」をクリックしてオン

目標到達プロセスを設定するには、Googleアナリティクスの同じ画面にある「目標到達プロセス」をクリックしてオンにします。
ユーザーの導線を想定し、1ステップごと(1ページごと)に名前とURLを入力していきましょう。画像の例では、「トップページ→固定記事→問い合わせページ」という導線を想定しました。ステップの数が足りない場合、「別のステップを追加」をクリックします。
ここまでできたら、「保存」をクリックしてください。以上でコンバージョンの設定は完了です。以下の画像のように、新たな目標を設定することができました。

新たな目標を設定

コンバージョンの確認方法

コンバージョンを確認するには、Googleアナリティクスのホーム画面の左列にある「コンバージョン」をクリックし、次に「目標」をクリックします。

「コンバージョン」から「目標」をクリック

画像のように、以下の項目が表示されるので、確認したい項目をクリックしましょう。

  • 概要
  • 目標URL
  • 目標パスの解析
  • 目標達成プロセス
  • ゴールフロー

コンバージョンの分析において特に重要なのは「目標パスの解析」と「目標達成プロセス」です。それぞれの項目を確認すると何を分析できるのか、詳しく解説していきます。

概要

概要

「概要」では、目標の達成状況について以下のような概要のデータを確認できます。

  • 目標の完了数
  • 目標値
  • コンバージョン率
  • 目標全体の放棄率
  • 目標ごとの完了数

「目標の完了数」はいわゆる「コンバージョン数」のことで、期間中に成果目標が達成された回数を示します。目標が「問い合わせページへの遷移」だった場合、指定した経路で問い合わせページに遷移された回数が表示されます。ただし、ユーザーが1回の訪問で何度も同じ目標を達成した場合でも、コンバージョンは1回として計測されます。

「コンバージョン率」とは、期間中の訪問数のうちコンバージョンした割合を示しています。「コンバージョン数÷訪問数」で計算します。Webサイトからの成果を高めるためには、コンバージョン数やコンバージョン率を向上させる必要があります。「概要」のみならず他の項目も確認して分析することで、コンバージョンを高めるための課題を探していきましょう。

目標URL

目標URL

「目標URLでは」目標に設定したURLごとに目標の完了数を一覧表で確認することができます。複数の目標を設定している場合、目標ごとに成果を確認できるので役立ちます。

目標パスの解析

目標パスの解析

「目標パスの解析」では、目標に至る前にユーザーがどのページを訪れたのか、直前の3ステップを確認することができます。「目標パスの解析」は、コンバージョンの解析に非常に役立つデータです。コンバージョンのための誘導が機能しているかどうかが分かります。
想定した導線によるコンバージョン数が少ない場合、導線の分かりやすさやコンテンツの内容を見直す必要があります。問い合わせページのリンクは見やすいか、文字だけでなく画像も使用した見やすいページになっているかなどを確認しましょう。
もし予想外の経路のコンバージョンが高い場合、その経路をより整備してコンバージョン率を高める工夫をすることもできます。問い合わせページなど成果目標のページへのリンクを分かりやすく配置し、コンバージョン率を高めましょう。

目標達成プロセス

目標達成プロセス

「目標達成プロセス」では、目標ごとに以下のデータを確認することができます。

  • コンバージョン率の推移
  • 各ステップにおける達成数・離脱数
  • 各ステップにおける達成率・離脱率

「目標達成プロセス」では目標に至るまでの各ステップにおける離脱率が分かるので、どのステップに課題があるのかを調べることができます。離脱率の高いページを見つけ、目標への導線が分かりやすいか、きちんと誘導できているかを確認しましょう。

例えば問い合わせページへの遷移を目標としており、ランディングページにおける離脱率が高い場合、ランディングページに課題があると考えられます。問い合わせページへのリンクの見やすさ、ランディングページの訴求力、誤字脱字が無く信頼感を与えられるかなどを確認し、ユーザーを目標に誘導できるページに改善しましょう。

ゴールフロー

ゴールフロー

「ゴールフロー」では、目標到達プロセスに沿ってコンバージョンに至る経路が表示されます。途中の離脱率や逆戻りの数も分かるため、目標達成に至る前のユーザーの予想外の行動を把握することができます。離脱や逆戻りが多い場合、目標達成プロセス中のステップに課題があると考えられます。上述した「目標パスの解析」や「目標達成プロセス」のレポートも併用し、ページの改善をおこないましょう。

コンバージョンの改善方法

コンバージョンの改善方法

Googleアナリティクスを使ってコンバージョンを改善するには、以下の2つの方法があります。

  • Webサイトへのアクセス数を増やす
  • コンバージョンしやすい経路を見つけて重点的に対策する

1つめはコンバージョン数を高める方法、2つめはコンバージョン率を高める方法です。併用すればコンバージョンの数も割合も高まるので、コンバージョンの劇的な改善を目指すことができます。
しかし改善に取り組む前に、コンバージョン状況は改善が必要なのか、妥当な目標が設定できているかを確認する必要があります。以下では改善に取り組む前に見直したいポイントを先に解説してから、コンバージョンの改善方法を解説していきます。

コンバージョン改善に際して見直すポイント

まず、自社サイトのコンバージョンが順調なのか改善が必要なのかを考える必要があります。コンバージョン数や割合に正解は無いため、独自に設定していただくのですが、ここでは一般的な目安について紹介します。目安となるコンバージョン率は、検索されるワードが「固有名詞」なのか「抽象的なワード」なのかで大きく異なります。

社名や商品名などの固有名詞で検索されている場合、ユーザーはもともと企業や商品、サービスに強い関心を持って検索しています。そのためコンバージョン率は高い傾向があり、10%程度が目安となります。転職や美容といった抽象的なワードで検索されている場合、ユーザーは情報収集を目的としており、具体的な商品やサービスへの関心は強くありません。コンバージョン率は低く、1%程度が目安となります。
以上が一般的な目安ですが、絶対的な正解ではありません。以上を参考にしつつ独自にコンバージョン数やコンバージョン率のKPI・KGIを設定し、改善が必要な場合は以下に解説する改善方法に取り組みましょう。

Webサイトへのアクセス数を増やす

Webサイトへのアクセス数を増やすことで、コンバージョン数を高めることができます。コンバージョン率が変わらなかった場合、アクセス数が10倍になればコンバージョン数も10倍になると見込めるからです。以下のような対策をおこない、Webサイトへのアクセス数を増やしましょう。

  • SNSでの発信を強化する
  • SEO対策によって記事の検索順位を上げる
  • 広告を使って露出を高める

また、Googleアナリティクスの「集客」タブで、Webサイトへの流入経路を調べると、有効な対策が見えてきます。SNSにおける流入がメインなら発信を強化するべきですし、検索からの流入が多いならSEO対策や新規記事の作成に力を入れるべきだと分かります。

コンバージョンしやすい経路を見つけて重点的に対策する

コンバージョンしやすい経路を見つけて重点的に対策することで、コンバージョン率を高めることができます。Googleアナリティクスでコンバージョンを確認する方法で紹介した「目標パスの解析」や「目標到達プロセス」のレポートでは、経路ごとにコンバージョン数やコンバージョン率を表示させることができます。コンバージョンしやすい経路をリストアップし、コンテンツを改善しましょう。
コンバージョンを高める対策としては、例えば以下のような施策が挙げられます。

  • コンバージョンに至るボタンの出現回数を増やす
  • コンバージョンボタンのデザインを変更する
  • 掲載終了ページへのリンクを削除する
  • 魅力のあるコンテンツをファーストビューに表示する
  • 問い合わせフォームで必須入力の項目を減らす

以上のような改善をおこない、コンバージョンしやすい経路のコンバージョン率を高めましょう。

まとめ

Googleアナリティクスのコンバージョンを使いこなせば、問い合わせや商品購入などの目標に至る経路を整備し、ユーザーに行動を促すことができます。
ジーピーオンラインでは、Webサイトにおけるコンバージョン設定のアドバイスもおこなっています。Webサイトからの問い合わせや商品購入などの成約を増やしたい方は、お気軽にご相談ください。

ジーピーオンラインにコンバージョン設定の相談をする

関連記事

制作実績

制作実績一覧へ

私たちジーピーオンラインは、
大阪・東京のWeb制作会社です。