Web制作ノウハウ

ブランドサイトとは?目的や役割、参考事例を紹介

WRITERおおしろ広報

  • TOP
  • ブログ
  • ブランドサイトとは?目的や役割、参考事例を紹介

SAHRE

こんにちは、ジーピーオンラインのおおしろです!

ブランドサイト(ブランディングサイト)の制作は、企業にとって主力商品やサービスなどをアピールする際に大きな役割を持ちます。しかし、実際のところはブランドサイトと聞いても、具体的にどんなサイトを指すのか?コーポレートサイトとは何が違うのか?など、Web担当者になったばかりの初心者にはピンと来ない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者向けにブランドサイトとはどういうサイトなのか?という点からコーポレートサイトとの違いを解説しつつ、参考事例としてブランドサイトを紹介していきます。

ジーピーオンラインにブランドサイト制作の相談をする

ブランドサイトとは

ブランドサイトとは企業などが提供する商品やサービス、ブランドの価値を認知してもらうために作られるWebサイトのことを指します。訪れたユーザーにブランドの持つ世界観を新たに体験してもらうことが、大きな狙いとなり、最近では主力商品一つひとつにブランドサイトを開設することがスタンダードになっています。

ブランドが持つ世界観やイメージ、提供できる価値や魅力をアピールし、他社との競争において優位性を示していくことは、企業が事業活動をおこなっていくくうえで不可欠となります。

ブランドサイトの目的

ブランドサイトには、以下の目的があります。

  • ブランドの認知度の向上
  • ブランドの価値を示す
  • ブランドの信頼性を示す
  • ブランドの優位性を示す
  • ブランドの購入を促す

ブランディングの際は、まず認知してもらうことが重要なため、テレビCMや街頭広告をはじめさまざまな認知施策をおこないます。その際に誘導されたユーザーがブランドのより詳しい情報を得るために訪れる場所としてブランドサイトが位置づけられます。

そのブランドサイトの最終目的として挙げられるのは、ブランドにポジティブな印象を持ってもらい、購入・利用へ繋げることです。

ブランドサイトの役割

ブランドサイトの役割

ブランドサイトの役割は、主に以下のことが挙げられます。

  • ブランドイメージの総合的な向上
  • ECサイトなどの販売チャネルへの架け橋
  • 商品購入やサービス利用などの成果達成率向上

特にBtoCビジネスの企業にとってはブランドサイトの成功は事業戦略にも重要な役割として位置づけられているのではないでしょうか。
コンセプトを立ててしっかりと構築することで、商品やサービス、企業に対してプラスのイメージを持ってもらうことができます。それはそのブランドの印象につながるだけでなく、別の商品やサービス、ひいてはグループ企業やその企業が提供するブランドのイメージアップにも貢献することになります。

当社サービスページでも語っていますが、ブランドサイトを成功させるためには、何よりもブランドへの共感と理解が必要不可欠な要素で、それをしっかり伝えるサイトづくりが重要です。
ブランドサイト制作について

ブランドサイトとコーポレートサイトの違い

ブランドサイトとコーポレートサイトには、構築する目的に大きな違いがあります。
これまでの話にも出てきたように、ブランドサイトはブランドにポジティブな印象を持ってもらい、購入・利用へ繋げることが目的として作られているサイトです。そして同じ企業でもブランドごとにサイトを作ったり、商品ごとに作ったりとブランド戦略に合わせてブランドサイトを用意します。基本的にブランドごとに設定しているペルソナが違いますので、ターゲットに合わせてブランドサイトを分けた方が効果的だからです。

一方、コーポレートサイトは、企業の自己紹介ともいえるサイトにあたります。どのような企業であるか知ってもらうことを目的としているので、広範囲にわたり漏れなく情報を発信する必要があります。
そのためサイトで取り扱う内容は、会社案内だけにとどまらず主力商品・サービスの紹介、IR情報、CSR情報、採用情報など多岐にわたります。ブランドサイトの構築がまだの場合はコーポレートサイトの中でブランドサイトの役割をもたせるページを用意することもありますし、ブランドサイトがある場合はブランドサイトへの誘導も重要な役割です。

ブランドサイトの参考事例

ブランドサイトとして参考になるWebサイトを具体的に事例としてあげていきながら、ブランドサイトがどういったものかブランドサイト一覧へのリンクをまとめました。

幅広く知られている定番商品、人気商品、企業が主力商品として掲げている商品は、ブランドサイトが作られることが珍しくありません。

自社ブランドやサービスについてブランドサイトを制作する際には、まず競合他社がどういった切り口でどう展開しているのかといった調査が必要になるかと思われますので、ぜひピックアップしたサイトやリンクを参考にしていただけると幸いです。

セブンティーンアイス(江崎グリコ株式会社

セブンティーンアイス

食品会社を代表して江崎グリコ株式会社様のブランドサイトからセブンティーンアイスを事例にあげます。こちら当社が制作したブランドサイトですが、「セブンティーンアイス」ブランドの価値や世界観をブランドサイトを通じて体験してもらえるような仕掛けを多く忍ばせています。

例えば「17アイスとは」ページではリアルな挙動の自動販売機を設置していますが、ボタンを押した際に出てくる商品がランダムになっているという遊び心を搭載していたり、トップページのメインビジュアルは「朝」「夕」「夜」サイトへ訪れる時間帯によって、その装いが変化する仕掛けがされていたりと、誰にも気づいてもらえないんじゃないかというような仕掛けもあるため、気づいた人にはちょっとしたアハ体験になります。自画自賛で恐縮ですが、まさにブランドサイトの大切な要素が詰め込まれていますね。

詳しくは制作実績ページをご覧ください。
制作実績|セブンティーンアイス ブランドサイト

食品業界は特にブランドサイトに力を入れられている会社様が多いですが、その中から一部の企業様をピックアップして紹介します。

ボラギノール(天藤製薬株式会社)

ボラギノールタウン

次はBtoCの製薬会社を代表して天藤製薬株式会社様のブランドサイトからボラギノールサイトを事例にあげます。
こちらは当社制作ではありませんが、ボラギノールのブランドサイトの中にある「ボラギノールタウン」がボラギノールに込められた想いやこだわり、そして歴史について楽しく知ってもらうための仕掛けや世界観に力を入れられたサイトになっていますので、紹介させていただきます。制作会社目線で言うとものすごく工数をかけてらっしゃるのが分かります。

その他同じくBtoC向けの製品を展開されている製薬企業様から一部の企業様をピックアップして紹介します。

アネッサ(株式会社資生堂)

アネッサ

化粧品会社を代表して株式会社資生堂様のブランドサイトからアネッサを事例にあげます。燦々と輝く太陽と気持ちの良い夏空を感じるデザイン性だけでなく、アネッサの技術の秘密や、資生堂の紫外線研究100年の歴史などのコンテンツが紫外線ケアブランドとして確立してきた自信を感じる構成となっています。

その他同じく化粧品を展開されている企業様から一部のピックアップして紹介します。

HondaJet Japan(丸紅エアロスペース株式会社)

HondaJet Japan

最後は超高価格帯の製品を代表してジェット機のブランドサイトを事例にあげます。
当社が担当させていただきましたが、より直感的にHondaJetの持つ革新性・躍動感が伝わるように動きのある演出を多く採用し「ビジネスジェットをより身近に、より魅力的に。」をコンセプトに構築されています。

詳しくは制作実績ページをご覧ください。
制作実績|「HondaJet Japan」ブランドサイト

まとめ

ブランドサイトは提供する商品やサービス、ブランドの価値を示すだけでなく、企業全体のイメージをアップさせてくれたり、ブランドの認知度や信頼性を広めてくれたりする役割を持ちます。企業は広告・キャンペーン活動の一環として、昨今はブランドサイトの作成を重視すべきといえるでしょう。
そしてそのためには、ブランドサイトはどのような目的・役割があるのかを理解して、しっかりコンセプトを立てて作り上げることが求められます。

ジーピーオンラインでは、インターネットの利用が活発になり始めた2000年に創業して以来、大手企業のWeb施策に携わってきた中で、制作実績として出せないものの数多くのブランドサイトを構築してきました。ブランドサイトの制作にお悩みの際は、ぜひご相談ください。

ブランドサイト制作|ジーピーオンライン

関連記事

制作実績

制作実績一覧へ

私たちジーピーオンラインは、
大阪・東京のWeb制作会社です。