Web制作ノウハウ

Facebook広告のやり方|初心者にも分かりやすい画像付きで徹底解説

WRITERおおしろ広報

  • TOP
  • ブログ
  • Facebook広告のやり方|初心者にも分かりやすい画像付きで徹底解説

SAHRE

こんにちは、ジーピーオンラインのおおしろです!

Facebook広告を配信してみたいと思っていても、やったことがないとなかなか踏み出せないですよね。
本記事では、Facebook広告の始め方について手順や注意点をご紹介します。
初めての方でも着実にスタートできるよう、順を追って解説していくのでぜひ参考にしてみてください。

ジーピーオンラインにFacebook運用の相談をする

もくじ

  1. Facebook広告配信までの設定手順
    • 1 アカウントの準備をする
      • 1.1ビジネスマネージャを開設する
      • 1.2Facebookページを追加する
      • 1.3広告アカウントを作成する
    • 2 広告を作成する
      • 2.1キャンペーンの作成
      • 2.2広告セットの作成
      • 2.3広告の作成
  2. 広告配信には審査がある
  3. 広告配信設定の注意点
    • 広告ポリシーが守れているか
    • ターゲットは適切に設定できているか
    • アカウントを間違えていないか
  4. まとめ

Facebook広告配信までの設定手順

まず、Facebook広告配信の大まかな手順を把握しておきましょう。

  1. アカウントを準備する
  2. 広告を作成する
  3. 支払い方法の設定をする
  4. Facebookによる審査を待つ

まず配信に使用するためのFacebookのアカウントを準備します。すでにアカウントがある場合はそちらを使用することも可能です。ターゲットなど配信先を決め、広告(クリエイティブ)を登録し、支払方法の設定をすれば準備完了です。審査が通れば晴れて配信開始となります。

1.アカウントの準備をする

Facebook広告を配信するために、まずはアカウントを準備していきます。
広告配信をするにはFacebookページの開設が必須となります。まだページを開設していない方は先にそちらを完了させましょう。Facebookアカウントは、パソコン・スマートフォンのどちらでも開設できます。
Facebookページアカウントの開設方法については、こちらの記事で詳しい開設方法をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
【関連記事】 Facebookページ(ビジネスアカウント)の作成方法|運用のメリット・デメリット

ページを開設したら、以下の手順でアカウントを連携させていきます。

1.1ビジネスマネージャを開設する

ビジネスマネージャの開設は、専用ページからログインして必要情報を入力していきます。
広告配信はFacebookページを持っていればできますが、「ビジネスマネージャ」を利用すると、広告配信においてさまざまなメリットが得られます。
たとえば、複数のFacebookページや広告アカウントの一括管理や、Facebookと提携するInstagramの広告も管理ができるようになります。また、複数のマーケティング運用担当者に対して権限の付与もできるため、関係者が多くなることが予想される企業においては、ビジネスマネージャアカウントを開設するのがおすすめです。

ビジネスマネージャー開設

ビジネスマネージャー開設2

1.2Facebookページを追加する

広告アカウントを作成するために、まずFacebookページを登録しましょう。
Facebookページの登録は、以下の手順でおこないます。

1. まず「ビジネス設定」をクリックします

ビジネス設定をクリック

2. 次に「ページ」をクリックします

ページをクリック

3. 最後に「ページを追加」をクリックして追加したいページを選択すれば完了です

「ページを追加」をクリック

これで、広告アカウントの作成は完了です。

1.3広告アカウントを作成する

次に、広告アカウントの作成について解説します。広告アカウント作成は、次の手順でおこないましょう。

1. 「ビジネス設定」のメニューから「アカウント」→「広告アカウント」をクリックします

「アカウント」→「広告アカウント」をクリック

2. 「新しい広告アカウントを作成」をクリックします

「新しい広告アカウントを作成」をクリック

3. 最後に広告アカウント名を入力し、設定します
支払い方法もここで設定する必要があるので、入力していきます。

支払い方法の設定

2.広告を作成する

広告の作成

Facebook広告はただクリエイティブを作成して配信するだけではなく、次の3段階に分けて設定をおこなっていきます。「クイック作成」機能もありますが、こちらは詳細設定がおこなえません。より適切な配信をしたいのあれば、上述の通り3つの順を追って広告配信設定をおこないましょう。

まず、認知度アップやコンバージョンにつなげるため、キャンペーンの大枠となる「広告の目的を設定」するところからスタートします。次に、広告セットとして「広告配信の詳細設定」をします。ここでユーザーの年齢や居住地などの情報をもとに、誰に・どの媒体で・どの程度の予算をかけて配信するのかを指定します。最後に「出稿する広告を作成」します。ユーザーの目を引く画像の設定はもちろん、クリエイティブと一緒に投稿するテキストも考える必要があります。

2.1キャンペーンの作成

では、1段階目となる「キャンペーン」の作成手順についてご紹介します。広告マネージャを使って作成しましょう。

1. 「キャンペーン」のタブから「作成」をクリックします
フォルダのようなマークがついているタブです。
「作成」をクリック

2. キャンペーンの目的(マーケティングの目的)を選びます
なぜこのキャンペーン(広告配信)をおこなうのか、自社やブランド、商品を認知してもらいたいのか、アプリのインストールをしてもらいたいのかなど、目的に応じた選択をしましょう。
キャンペーンの目的(マーケティングの目的)を選ぶ

3. キャンペーン名を入力します
キャンペーン名を入力

これで、新たなキャンペーンが作成できます。

2.2広告セットの作成

キャンペーンの作成ができると、次は「広告セット」の作成にうつります。
広告セットの作成手順は、以下の通りです。

1. 「オーディエンス」の設定
オーディエンスとは、どのようなユーザーに広告配信をしようとしているのか、そのターゲットとなるユーザーの種類を指します。住んでいる地域や年齢・性別といった基本情報をもとにした「コアオーディエンス」、過去に自社との関わりを持つユーザーのうち、Facebookのデータにマッチングしたユーザーである「カスタムオーディエンス」、そしてカスタムオーディエンスとの共通点を持ちつつ、ビジネスに関心を持つと考えられるユーザーである「類似オーディエンス」の3つから選びます。
「オーディエンス」の設定

2. 配置の設定
Facebookが自動で判断して広告を配置する「自動配置」と配置場所を選ぶことができる「手動配置」の2通りがあります。自動配置はFacebookやInstagramなどのプラットフォームで広告が効率良く配信される仕組みです。
配置の設定

3. 予算と掲載期間の設定
広告セットの予算と、どのくらいの期間掲載するかを決めます。
1日あたりの上限を設定する「1日の予算」と、掲載期間のうち効率良く広告配信ができると判断された際に多くの予算を投じる「通算予算」の2通りの設定方法があります。
予算と掲載期間の設定

2.3広告の作成

広告の作成は以下の手順でおこないます。

1. アイデンティティと形式を選択します
アイデンティティとは、配信した広告が誰のものなのか、広告主となるアカウントのことを指します。また、形式とは広告(クリエイティブ)の構造のことで、「1件の画像または動画」か、「2枚以上の画像や動画」かを選択します。
アイデンティティと形式を選択

2. 画像の設定をします
実際に配信をするクリエイティブ(画像)を設定します。読んでもらいやすいようにとインパクトのある大きな文字を使った画像を用いることも検討されますが、Facebook広告ではテキストを画像の20%以内におさめることを推奨していますので留意しましょう。
画像の設定

3. テキストとリンクを設定します
最後に、クリエイティブとともに表示するテキスト、リンクを設定して完了です。
テキストとリンクを設定

3.支払い方法を設定する

最後に「支払い方法」を設定します。「ビジネス設定」の「支払い」から登録できます。
支払い方法は「クレジットカードまたはデビットカード」、「PayPal(ペイパル)」「銀行振込」です。
次のクレジットカードもしくはデビットカードが利用できます。

  • VISA
  • MasterCard
  • American Express
  • JCB

カードの有効期限が切れると広告配信もストップしてしまうため、注意しましょう。
支払い方法を設定

広告配信には審査がある

ここまでの手順でFacebook広告の設定を終えると、最後はFacebookによる審査です。通常、24時間以内に審査がおこなわれ、審査が通ってFacebookに承認されれば実際に広告が掲載されることになります。

Facebook広告では、オークション形式で「入札価格」「推定アクション率」「広告品質」をもとに、申請した広告自体の価値を判断されることになります。広告のルールに違反しているなどで審査落ちを繰り返すと、アカウント停止の可能性もあるため注意しましょう。

広告配信設定の注意点

ここからはFacebook広告の配信時の注意点を3つご紹介します。

広告ポリシーが守れているか

広告の内容がFacebookの定める広告ポリシーに反していないかは必ず確認してください。
薬物や差別をはじめとする禁止コンテンツに関する広告ではないか、アルコールやダイエットなど禁止ではないものの制限があり、適切にルールを守るべきジャンルもあります。定められたカテゴリに当てはまらないかしっかりチェックしておきましょう。

ターゲットは適切に設定できているか

ターゲットにきちんと届くように設定できているかも審査対象です。
たとえば、女性向けのブランド認知を目的とした広告配信で、年配の男性に向けたターゲット設定をしていては意味がありません。Facebookは広告の品質を高めるために、こうした不正確な広告配信は避けています。ユーザーに向けて差別的・攻撃的な広告を配信することも禁じられているため、適切な広告を適切な相手(ターゲット)に向けて配信されるように設定できているか確認しましょう。

広告配信の目的を考える段階で、明確かつ適切なターゲット設定をおこないましょう。

アカウントを間違えていないか

Facebook広告を配信する広告主となる「アカウント」を間違えていないか確認しましょう。
企業アカウントで広告配信をするつもりが、誤って個人アカウントや別のアカウントで広告の申請をしてしまうと、審査時にチェックされます。どのアカウントが広告配信をする発信源になるのか、必ず確認して申請をしましょう。

まとめ

Facebook広告は細かな配信設定ができる一方で、初めての方からは難しいと思われがちです。
しかし、広告の目的や戦略を練れば適切なターゲティングができること、予算の設定をして効率良く広告配信がおこなえること、何よりFacebookやInstagramの広いユーザーに見てもらえるという魅力があります。
今回ご紹介しました出稿手順を参考に、ぜひFacebook広告にチャレンジしてみてください。

ジーピーオンラインにFacebook運用の相談をする

関連記事
制作実績

制作実績一覧へ

私たちジーピーオンラインは、
大阪・東京のWeb制作会社です。