BLOG ブログ

ホームページ集客のコツとは?企業がおさえるべき成功のポイント

Web制作ノウハウ

ぱら広報

今やほとんどの企業が持っていると言っても過言ではないくらい、ホームページは企業にとって必須ツールになりました。
それはホームページが最大の営業ツールになり得るからです。
ただ、作成して公開しても「アクセスが少ない」や「問い合わせがこない」とお悩みの担当者は多いようです。

この記事ではホームページの集客について、できない原因を把握し、営業ツールとして集客できるホームページの作り方と代表的な方法について解説をしていきます。

もくじ

  1. 現状を知ろう!ホームページで集客できない原因5つ
    • ホームページの目的が設定されていない
    • デザイン重視で中身が充実していない
    • ターゲットが設定されていない
    • アクセス解析ができていない
    • 作成するだけで更新がされていない
  2. ホームページの集客力を高めるポイント5つ
    • ホームページの目的を設定する
    • ユーザーファーストのコンテンツを作る
    • ターゲットを設定する
    • 自社のサービス、強みを伝える
    • PDCAを回して改善、更新をする
  3. ホームページの具体的な集客方法
    • リスティング広告
    • 動画広告
    • SNS広告
    • オウンドメディアの運用
    • SNS投稿
  4. 自社に合うのはどれ?集客方法の選定方法
  5. ホームページで集客する方法まとめ

現状を知ろう!ホームページで集客できない原因5つ

せっかくホームページを作成して公開しても何もせずそのまま放置していては、集客もあまりできず売上げアップにも繋がりません。

まずはホームページで集客できない原因を把握して、あてはまる箇所がないかをチェックしていきましょう。

ホームページの目的が設定されていない

ホームページとは会社の顔であり、営業ツールです。 「とりあえず競合会社が載せているような情報を載せよう」など、目的もなく曖昧に作成したのでは集客にも繋がりません。
さらに目的が設定されていないホームページは、どうなれば成功、達成なのかという基準がなく判断できません。

ホームページにどういった役割を持たせたいのか、ユーザーにどういったアクションをしてほしいのかを考慮して、ゴールを設定して作成すると良いでしょう。

デザイン重視で中身が充実していない

確かにあまりに古いデザインでは見づらさや信用に関わる場合もあります。
ですがデザインを重視しすぎるあまり、情報が少なすぎたり操作がしづらくては意味がありません。 重要なのはデザインよりも、

  • 理解しやすい動線や直感でわかる操作方法や使い心地
  • ユーザーが必要としている情報が素早く見られる

ことです。
自社のホームページがこのような作りになっているか、ユーザー目線でいま一度確認してみましょう。

ターゲットが設定されていない

あなたのホームページを利用しそうなユーザーはどの地域に住んでいて、どんな職種の方でしょうか?
そして男性が多いでしょうか?女性が多いでしょうか?
他にも年齢や所属部署、会社規模などある程度情報を絞り、ターゲットを設定することでより伝えたいことが明確になります。

ターゲットを設定していない場合、どういう人に何を伝えたいかが曖昧になってしまい、情報がまとまりづらくなってしまいます。

しっかりとターゲットを絞り、悩みや要望に応えられるコンテンツを準備することが重要です。

アクセス解析ができていない

現状、見てほしいページにひと月に何件の訪問があるか、直帰率や離脱率はどれくらいかなどの指標がなければ、対策のしようがありません。
アクセス解析は気づいたときに見るのではなく、定期的にチェックしてPDCAを回しながらホームページを改善していく必要があります。
アクセス解析の重要性や、Googleアナリティクスでできることは以下の記事に詳しく書いていますので、ぜひチェックしてみてください。

作成するだけで更新がされていない

ホームページは作成しただけでは集客には繋がらないため、公開してからの運用が重要になってきます。
会社が常に動いているように、ホームページの情報も常に最新でなくてはなりません。
また上記でも書いたように、解析したデータをもとにページの改善や新しいコンテンツの追加など、良くなるように手を加えていくことが大切です。

時流や競合の調査もしながら、しっかりとメンテナンスするようにしましょう。

ホームページの集客力を高めるポイント5つ

集客できない原因を把握できたら、次に改善するポイントを抑えて集客力アップを目指しましょう。

ホームページの目的を設定する

前述したように、ホームページは会社の顔であり営業ツールというとても重要な役割を持っており、目的を設定することはホームページを作成する上で、最も重要なポイントのひとつです。
達成できるように明確な目的を設定しましょう。

例えば、ホームページ作成の目的としては

  • 資料請求や問い合わせの獲得
  • 認知度のアップ
  • 見込み客の獲得
  • 受注

などがあります。
それをもとに、ユーザーが問い合わせやメルマガ登録、見積り依頼などのアクションを起こしやすくするような構成で作成していきます。

そして、できるだけホームページ上のゴールは1つもしくは2つ以内に絞り、掲げた目標を達成できる仕組みを考えることをおすすめします。

ユーザーファーストのコンテンツを作る

例えばあなたが服屋さんに入って、気に入る服がなければお店を出るのと同じように、ページを訪問してもほしい情報がなければユーザーは離脱してしまいます。
服屋さんでは店員さんが声をかけたりアクションすることができますが、ネット上ではそうはいきません。

ホームページでは何らかの情報を探しているユーザーに対して、しっかりと質の高い情報を伝えられているかが重要になります。
ユーザーに響くコピーやデザインを駆使して自社のサービスの価値が伝わったときに、ユーザーは問い合わせや資料請求というアクションを起こします。

そして情報の質が高ければGoogleの評価にも繋がるので、ユーザーファーストのコンテンツを充実させることを意識してみましょう。

ターゲットを設定する

誰に、何を、どのように伝えたいかを明確化することによって、デザインやキャッチコピーも変わってくるので、ターゲットにより内容が伝わりやすくなります。
また、ターゲット層が抱えていそうな悩みを解決するコンテンツを掲載することで、問い合わせに繋がる可能性もあり、ひいては集客に繋がります。

ターゲットの中でも年齢や肩書き、部署などを絞るほかに、さらに具体的に、Aさん、Bさんのように名前を付け、その架空の人物の心が動くようにホームページを作成していく方法もあります。
この具体的なユーザー像をペルソナといいます。

ペルソナの設定は、伝えたいことが明確になる以外に、顧客がどんな思考、行動、接点などをもって購買や問い合わせに至るかというプロセス(カスタマージャーニー)を考える際に有効です。
「Aさんならどうしたいかな?」など、ニーズや行動の予測が立てやすくなるというメリットがあります。

しっかりとしたターゲットが設定されているか、もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

自社のサービス、強みを伝える

自社の強みを改めて考えるとき、「おそらく◯◯だろう」という推測で決めてしまうことはおすすめしません。
自社の強みは、すでに選んで購入してくれている顧客からヒントを得ると見えてくるかもしれません。
もし可能であれば顧客へのヒアリングもひとつの方法です。

また競合がアピールしていることから自社の強みを探すなどして、自社のサービスがユーザーにとってどれくらいプラスになるか、なぜ他のサービスではなく自社のものに価値があるのかを明確に伝えることが大切です。

PDCAを回して改善、更新をする

アクセス解析に付随することですが、Googleアナリティクスなどでユーザーの動向やコンバージョン率の変動を確認しながら常に修正と改善に取り組むようにしましょう。

PDCAは定量的なKPIを立て、チェックと改善を繰り返し行うことが重要です。
そしてその改善がうまくいったかどうかを定期的に確認します。
もしうまくいかなかった場合は、なぜうまくいかなかったのか、設定した目標が高すぎないかなどを分析し、再度計画(Plan)するところから始めます。

1回で劇的に改善されることはほとんどないため、根気強く実施しましょう。

ホームページの具体的な集客方法

ホームページ自体の集客力を高めるポイントはご理解いただけたのではないでしょうか。
ここからは、代表的なホームページの集客方法についてご紹介していきます。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンの検索結果に掲載されるクリック課金型の広告(PPC広告)の一種です。

そもそもWeb広告を出稿するメリットは、ターゲットを細かく設定し、ピンポイントに届けたいユーザーに対して発信することができることや、SEO対策などとは違い即効性があることです。
またWeb広告は結果を数値で見ることができ、前述したようなPDCAを回して運用改善ができることです。

リスティング広告はユーザーが入力した検索キーワードに関連する広告を出稿するため、ニーズがはっきりと分かっているユーザーに向けてアプローチすることが可能です。
運用するリソースは必要になるものの、リアルタイムに修正したり、出稿開始や停止も簡単にできます。

またリスティング広告はクリック課金型で予算も自分で設定できるため、比較的低予算から始めることができます。

動画広告

静止画と違い、使用感や雰囲気などをリアルに伝えることができる点や、短時間にたくさんの情報を提供できることは動画広告のメリット。
そんな動画広告は、種類もさまざまです。

Youtubeの動画の間に流れる動画広告はインストリーム型と呼ばれ、再生された段階で課金されるものと、見終わって課金されるものに分かれます。

他にもバナーの広告枠に動画を配信するディスプレイ型や、SNSやキュレーションサイトなどのフィードに流れてくるインフィード型などがあります。

数年前までは動画広告の制作費は高価なものでしたが、もちろんクオリティにもよるものの、最近は以前より参入しやすくなり費用のハードルも下がってきています。

SNS広告

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSに掲載する広告です。
タイムラインに流れてくるのでユーザーの目に止まりやすいことがメリットです。

また、Facebookとその傘下にあるInstagramはユーザーの年齢、性別、ライフスタイルなどの属性でセグメントすることができ、ピンポイントに広告の情報を届けることができます。

そして、少額から始められてリアルタイムで運用が可能なことはリスティング広告と似ている点でもあります。

オウンドメディアの運用

オウンドメディアとはブランディングやユーザーとの接点を持つために自社で所有、運営するメディアのことです。
具体的にはホームページやブログ、SNSアカウントがオウンドメディアにあたります。

ユーザーが検索しているキーワードの最新情報を追加したり、質の高いコンテンツを掲載することで集客に繋がります。

運用していく手間はかかりますが、オウンドメディアが成長すればブランド力や集客力も上がるため、戦略を練って長期的に実行していく必要があるでしょう。

SNS投稿

SNSの投稿は個人に対して発信することがメインのためBtoC企業向けの施策ではありますが、採用やブランディングと言った目線で有効に働く場合があります。
またターゲットによって活用するSNSも変わるため十分に検討してから運用することをおすすめします。

Twitterなどは拡散力が強いためオウンドメディアと併用することで、認知アップやブランディングも見込むことができます。

ただし一般ユーザーに対しての投稿になるため、ソーシャルメディアポリシーや投稿のルールはしっかりと策定し、炎上や炎上した後の対応には注意が必要です。

自社に合うのはどれ?集客方法の選定方法

ご紹介した以外にも集客方法はさまざまありますが、すべてを一度に試すことはできません。
例えばBtoB企業で、自社の商品・サービスへの問い合わせを行う顧客の属性が40代以上の男性だった場合を想定します。
その場合、InstagramやTiktokのような若者向けのSNSの広告出稿ではマッチしませんし、商品・サービスの内容や価格によっても集客にかける期間と予算、手法は異なってきます。

また予算の有無や人的リソースの兼ね合いもあるかと思いますが、自分の会社が今一番必要なのは、費用をかけてでもまず認知を上げることなのか?費用をかけずにまずはSEOで地固めをするべきなのか?など、ユーザーの動きや自社の特徴に合わせて集客方法を選ぶことをおすすめします。

どれから試せば良いか迷ってしまう場合は、専門業者に相談して、プロの意見を求めるということも重要です。

ホームページで集客する方法まとめ

ホームページ集客の重要性と方法をご紹介してきましたが、自社の商品やサービスによってその方法もさまざまです。
ホームページのアクセスばかりを気にしてたくさんコンテンツを作成しても、質が低ければ売上げアップには繋がりません。
自社の状況やターゲット、予算に合わせてできることからはじめてみてはいかがでしょうか。

もし「良くないことはわかっているけど何から手を付けていいかわからない」「集客はできてないけどどこが悪いかわからない」など疑問がありましたら、ご相談だけでも構いません。
ぜひジーピーオンラインにお気軽にお問い合わせください。

SHARE

関連記事

私たちジーピーオンラインは
大阪・東京のWeb制作会社です。

「安心を生み出し、成果へと導く」ことを
モットーに、
ご満足いただける
Webサイト制作・マーケティングを行っています。
ぜひお問い合わせください。

Company会社情報を見る

CONTACTご相談やお見積りなど、
いつでもお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせはお気軽に

    私たちジーピーオンラインはプランニングからデザイン、
    システム、運用まで、全工程を一貫して行っています。
    Webのあらゆる課題を解決し、最高のクリエイティブを提供します。

    CONTACTお問い合わせ

  • これまでの実績の一部をご紹介

    これまでたくさんのお客さまにご満足いただき
    「ありがとう」のお声をいただいてきました。
    ご紹介できる事例はほんの一部ですがぜひご覧ください。

    WORKS制作実績