BLOG ブログ

Vue.jsとは?大注目のJavaScriptフレームワークをフロントエンドエンジニアが解説

Webデザイン / マークアップ

さとうフロントエンドエンジニア

JavaScriptフレームワークVue.js

最近のフロントエンド開発ではフレームワークが取り入れられるケースが増えてきています。
フレームワークとは開発の際によく使われる機能がまとめられた枠組みのようなもので、ルールに沿ってコードを書いていくことで、複雑なプログラムも少ないコードで実装が可能になり、開発の効率性・生産性のアップや品質の均一性が保つことができるといったメリットがあります。

今回は中でも近年特に人気が高まっているフレームワークのVue.jsについてご紹介したいと思います!

Vue.jsとは

Vue (発音は / v j u ː / 、 view と同様)はユーザーインターフェイスを構築するためのプログレッシブフレームワークです。他の一枚板(モノリシック: monolithic)なフレームワークとは異なり、Vue は少しずつ適用していけるように設計されています。中核となるライブラリは view 層だけに焦点を当てています。そのため、使い始めるのも、他のライブラリや既存のプロジェクトに統合するのも、とても簡単です。また、モダンなツールサポートライブラリと併用することで、洗練されたシングルページアプリケーションの開発も可能です。

Vue.jsはユーザーインターフェースを構築するためのJavaScriptのフレームワークです。
JavaScriptには公式のフレームワークは存在せず、これまでに数々のフレームワークが開発されてきましたが、最近ではAngular、React、そしてVue.jsが3強JavaScriptフレームワークとして定着してきています。
その中でもVue.jsは比較的新しいフレームワークで、他のフレームワークの良い部分が数多く取り入れられた設計で、次節で挙げる特徴も相まって、現在の国内での人気は頭一つ抜けている印象があります。

Vue.jsの特徴

Vue.jsには以下のような特徴があります。

  • 学習コストが低く、導入がしやすい
  • シンプルな構造で拡張性が高い
  • コンポーネントによる再利用性が高い

学習コストが低く、導入がしやすい

フレームワークを導入するには独自のルールや記法を覚える必要があり、習得にはそれなりの時間が必要となりますが、Vue.jsは他のフレームワークよりも比較的学習コストが低いというメリットがあります。
シンプルなコードで書けることや、国内での人気も高いことから日本語のドキュメントも充実しているため、HTML/CSSとJavaScriptの基礎を理解している方であれば比較的スムーズに学習を進めていけるかと思います。

また導入も非常に簡単で、CDNでjsファイルを読み込むだけで使い始めることもできるので、 jQueryのようにライトに扱うことができます。

シンプルな構造で拡張性が高い

Vue.jsはシンプルな構造で、大小様々な規模で利用することが可能です。
既存サイトの1コンテンツとして新たな機能を追加するような部分的な導入や、サイト全体をVue.jsで構築していくような大きな開発にも対応できます。

また、Vue.js用のライブラリも充実しているため、後から必要になった機能を追加していき、段階的に規模を拡大していくといったことも可能です。

コンポーネントによる再利用性が高い

Vue.jsの重要な機能のひとつがコンポーネントです。
コンポーネントとはメニューやリスト、ボタン等、特定の機能を持ったUIパーツの集合体のことで、大規模なプロジェクトではこれらのUIパーツをコンポーネントとして共通化しておき、再利用することで、開発の効率を上げたり、デザインの一貫性を保つことが可能になります。
ある程度大きな規模のアプリケーションではこのコンポーネントを組み合わせて開発を行っていきます。

Vue.jsの使いどころ

では、次にVue.jsはどんなコンテンツに向いているのか。ほんの一部ですが、ご紹介していきたいと思います。

インタラクティブなコンテンツ

Vue.jsの代表的な機能に双方向データバインディングというものがあります。
これはデータと画面を同期させる仕組みで、データに変更があれば即座に画面にも変更が反映され、画面に変更があればデータにも即座に変更が反映がされるというものです。

以下はデータバインディングの動作サンプルです。
フォームに入力した内容がリアルタイムで画面に反映されているのが確認できるかと思います。

次にフォームバインディングによるソート機能のサンプルです。

外部APIを使用したコンテンツ

Vue.jsは外部のAPIから取得したデータを表示させるようなコンテンツにも適しています。
例えば、ニュースやお天気情報を提供しているAPIと連携したニュースアプリやお天気アプリ等も開発することができます。

以下は外部APIからデータを取得したアプリケーションのサンプルです。
Last.fmという音楽サービスのAPIから取得した情報で各国の人気アーティストをランキング表示させています。

SPA(シングルページアプリケーション)

Vue.jsはSPAの開発にも向いています。
SPAとは単一のページ内でコンテンツが切り替わる設計構造のことで、シームレスで高速な画面遷移が可能になります。

通常SPAの実装は難易度も高く開発コストのかかるものですが、Vue.jsと公式ライブラリのVue Routerを組み合わせることで簡単に実装ができるようになります。
またVue.jsのトランジション機能を使うことで画面遷移に演出を加えるといったことも可能です。

まとめ

以上、Vue.jsの特徴や使いどころについてご紹介させていただきました。
最近ではGoogleやAppleなど大手企業での採用例も増えてきているようで、ますますこの人気は高まっていきそうです。

弊社でもVue.jsを導入したコンテンツやSPAの開発等多数の実績がございます。
ご興味を持たれた方は、どうぞお気軽にご相談ください!

SHARE

  • RSS

関連記事

私たちジーピーオンラインは
大阪・東京のWeb制作会社です。

「安心を生み出し、成果へと導く」ことを
モットーに、
ご満足いただける
Webサイト制作・マーケティングを行っています。
ぜひお問い合わせください。

Company会社情報を見る

CONTACTご相談やお見積りなど、
いつでもお気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせはお気軽に

    私たちジーピーオンラインはプランニングからデザイン、
    システム、運用まで、全工程を一貫して行っています。
    Webのあらゆる課題を解決し、最高のクリエイティブを提供します。

    CONTACTお問い合わせ

  • これまでの実績の一部をご紹介

    これまでたくさんのお客さまにご満足いただき
    「ありがとう」のお声をいただいてきました。
    ご紹介できる事例はほんの一部ですがぜひご覧ください。

    WORKS制作実績